小屋入りしました(1/30)

☆--------☆
一部チラシに掲載してある電話番号に間違いがありました。
正しくは080-6930-3027です。
お詫びとともに、おかけ間違えのないようお願い申し上げます。
☆--------☆


先日の日曜日にはけんじゅう館をひきはらい、公演会場の大ホールにやってきましたよ!
本日は、照明の仕込から。
3B07AB0E-E999-44E3-BEB9-32FFC298FE68.jpg

C84D447C-E6F0-4A8D-A1C7-D3EA2AA4DC25.jpg

80488FBB-8086-45AC-B2FA-192B2BD5875F.jpg

この、たくさん垂れ下がっている細長い黒い、線、なんだかわかりますか?
これには小さい電球がたくさんついています。
そう、「星球」と呼ばれる、舞台に星空を作るための、照明です。

E4CC988B-1C36-4F80-8FFD-3C272FF01351.jpg

点灯チェック!
わかるかな〜わかんねえかなぁ〜

さて、楽屋廊下のほうでは、演出助手のみっつが小道具を作っていました。
小道具も最後の追い上げ。
本番仕様のものをそろえていきましょうね!

5C544080-5160-4B67-840E-B42D7B715762.jpg

って、みっつ・・・?

B65518DB-AEC1-4749-A1D4-4FE15197F8AE.jpg

なんか、逆じゃね?
(これが本番で使われるかどうかは、わかりません)


★お知らせ
1/30現在、あしながチケットが残りわずかとなっています。申込を検討されている方はお急ぎください。
当日キャンセルが出る場合もありますので、満了の場合はキャンセル待ち番号を発行させていただきます。
ぜひお申込みトライしてください。
(キャンセルが出なかった場合は、前売り料金でご覧いただけます)
1/29までに申し込んだ方で、あしなが番号がお手元に届いていない方は電話でお問い合わせください。

★託児利用申し込みは明日1/31までです。
小さい子がいるけど手が離せなくてお芝居が見れない、という方は是非この機会にご利用ください。
利用料金無料です。

★絶賛チケット発売中です。
まだゲットしていないかたはぜひメールフォームからどうぞ!

公演詳細はこちら↓↓↓↓↓
A-Stock Theater 市民ミュージカル
「ハッピーバースディトゥーミー」

脚本・演出 坂井 宏光
音楽 吉瀬 敬太
振付 知久 君江
HAPPYA4omoteremakess.png
2018年2月3日(土)6:30〜 4日(日)1:30〜 2回公演
駒ヶ根市文化会館 大ホール
チケット発売開始 12月16日(土)
前売 一般 2,000円 高校生以下 1,000円 (当日は500円増)
※開場は開演の30分前
※開演2時間前より整理券を配布します。


チラシオモテ面、ポスターに掲載してある電話番号が間違っておりました。
正しくは裏面にあるとおり、
080-6930-3027
です。
大変なご不便をおかけしております。
関係者の皆様にはここに深くお詫びいたします。


もうすぐ本番!

今回主人公を演じる原咲さんからのメッセージです!
IMG_20180125_205121.jpg
☆今回が初ミュージカル!作品がすごく自分にも身近な話だし、誰にでも経験があるような話だから観に来てくださったお客様に共感してもらえるような作品になるように頑張ります!!☆

IMG_20180125_213725.jpg
おや?戦ってますねぇ。何のシーンなんでしょう??
ちなみに書いている私は「三流大学」の役です。「大学生」ではなく、「大学」ですよ!どゆこと?と思った人は観に来てください♪
IMG_20180121_133911.jpg
衣裳も決まってきました!お楽しみに♪♪

三流大学の由加里でした。

「わたし」って?

多様化が認められ、推進されている現代社会の中で、
「多様性」という言葉の中に込められた無関心と、強制のごとく求められる「個性」。


「わたし」って、どんな人間なの?
それを知ることは、恐怖であり、楽しみでもあります。


みっつ自身だって、いうなれば「私探求隊」の一員で、
いまだ「わたし」には到達できないでいます。

日々、「こんな「わたし」が私の中にいたなんて!!」と発見したり、
「ああ、また嫌いな「わたし」が出てきてる…」と幻滅したり、
と、「わたし」を好きになったり、嫌いになったりしながら、人生を重ねています。
役者という仕事は、たぶんそういうたくさんの「わたし」達に気づいて、
利用していことなのだろうと、最近思いたち、トライをしている最中です。

さて、今回の作品は(というか、演劇っていうのはどれもそうなんだけど…)
「わたし」というものをきちんと見つめないと、作れない作品です。

「わたし」が生まれてきた意味
「わたし」が生きている意味
「わたし」が「わたし」になる瞬間

どれも、誰かが与えてくれるわけではありません。
自分で気づいたり、作ったりしていくしかないのです。

今回、同じ作品に携わるたくさんの人たちが、
いろんな「わたし」に出会い、もっともっと「わたし」を愛せるようになりますように…^〜^